屋形船 東京の貸し切り値段っていくら?トップ3屋形船の比較

春が過ぎると少しずつ夜も暖かく、ついつい遅い時間まで飲み歩いてしまったりすることも増えそうな今日この頃です。

中には会社や友達で「屋形船」を借りて飲み会を開催する人もいるかもしれません。居酒屋とは違った、船の上で風を浴びながら気持ちよく飲んだりするのも良さそうです。しかし、この屋形船は大体いくらくらいで貸切出来るのでしょう。イメージとしてはちょっと高そうと感じますが、東京での屋形船の貸切金額の相場などを調べてみたいと思います。

fune

屋形船とは

船の上に屋根をつけた家形の小座敷がある遊ぶための川船のことを指します。江戸時代に入ると人気を博し、大型船まで出てきたが徐々に衰退していったようです。

東京の人気屋形船

濱田屋・・・ここの屋形船は日本最大級の大きさで、定員100名の大型屋形船です。座敷とテーブルのスタイルがあり、30名くらいから貸切ができるようです。60人でもゆったり使えるような大きさだそうで、貸切だとのびのびと楽しく遊べそうですね。

隅田川を周遊し、花見の時期なら染井吉野が並ぶスポットや、東京ディズニーランド沿いで花火を見るというような魅力的なコースがいくつかあるので、そのときに合わせて選ぶのも良いでしょう。

料金は、料理、乗船料、飲み物全て含んだ料金設定がされており、ランチでは1人8100円からあり、高いコースは16000円ほどします。平均的な値段は1万円超くらいでした。

濱田屋の予約や金額など詳しい情報はこちら

月島もんじゃ屋形船・・・ここは新木場発着で、中で月島もんじゃを食べながら楽しむ屋形船です。

料金が安く、1人4500円~5900円で飲み・食べ放題という設定です。貸切の料金は40人乗りが20万円、60人乗りが30万円、70人乗りが35万円という設定でした。最大人数で入ってしまうと結構窮屈に感じそうなので、安いけれど人が多い状況になってしまいます。大人数でわいわいと騒いで飲むのが好きな人には良いかもしれません。

月島もんじゃ屋形船の予約や金額など詳しい情報はこちら

晴海屋・・・これは4箇所の乗船場があり晴海、パレットタウン、越中島、葛西橋から出ています。お台場やスカイツリー、レインボーブリッジ、舞浜方面など、いくつかの周遊コースが選べるところです。貸切料金は1人10000円から高くて25000円などのコースがあります。堀ごたつなので、ゆっくりと楽しめるような空間になっています。

晴海屋の予約や金額など詳しい情報はこちら

平均的な屋形船の金額は大体1万円くらいでした。少々高めかとは思いますが、なかなか味わえない船上での飲み会を1回は経験してみたいものだなと思いました。

花見や花火など、その季節にしか見られないものを、混雑を避けて船で行くというのもゆったりと眺められる分得だなと思いました。

今まで屋形船は未経験ですが、人生で1回はやってみたいものです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です